2014. 8.18

フリーランス(個人事業主)になるということ。

フリーランス

近年フリーランスというカテゴリーが目立っている気がします。

フリーランスとは、

フリーランス(英: freelance)とは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。日本語では自由契約(ただし、プロスポーツでの選手契約を更新しないことを指す「自由契約」が有名なため、フリーランスを指して自由契約と呼ぶことはほとんどない)。一般的な職業分類では個人事業主や自由業に該当する。

Wikipedia参照

 

自分の出来る事、才能そういったものを武器にして仕事をとっていくのがフリーランスだと思うんですが、最近は働き方が自由だからみたいなニュアンスでフリーランスという人達が増えているのも気になります。

 

そもそも、働き方に自由があるのか。

 

ないとおもいます。

働き方に関してはフリーランスも会社員も一緒です。
むしろ、会社員の方が働きやすいのでは?
というのも、組織に属していると役割が発生します。その役割でまずは全力をだすのが組織。
フリーランスは経営、経理、営業、業務などすべてを一人でやることを前提としています。

じゃあ、どちらが自由かというと、会社員の方が圧倒的に自由だと思うんですよね。働き方に関しては。

フリーランスの中身が見えてないでなろうとしているのが多いのかなとは感じています。

 

人が決めた道に文句を言うつもりはありませんが、自分の立場の意識はしっかりもっていてほしいとは思います。

 

自分もがんばろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Category : Information